住宅模型

敏腕不動産会社は住まい探しのプロ|家族のライフスタイルにマッチ

手数料が安くなるカラクリ

ウーマン

上限は家賃の一ヶ月分

不動産会社が受け取ることのできる「仲介手数料」は、上限が家賃の一ヶ月分と定められています。毎月の家賃が10万円の場合は、受け取ることのできる仲介手数料も10万円となります。この仲介手数料を無料にしている不動産会社があります。なぜ、仲介手数料無料にできるのか、そこにはカラクリがあります。不動産物件を仲介する不動産会社が1社の場合は、売主と買主両方から仲介手数料を受け取ることができます。売主から10万円受け取る場合は、買主の方は0円でも損が出ない計算になります。そこで、仲介手数料無料が成り立つというわけです。ただし、間に不動産会社が2社入る場合だと、取り分が2分の1になってしまうことから、仲介手数料が半額になる場合もあるようです。

不動産会社の企業努力

仲介手数料無料のカラクリには、以上のような理由が存在しますが、ほかに不動産会社の企業努力による場合もあります。不動産を販売する際には、物件の宣伝を行うために高額な広告費が必要になりますが、この広告費を節約することでも仲介手数料無料にすることができます。また、実店舗を持たない不動産会社などは、インターネットだけで販売や宣伝を行っています。このような不動産会社は大幅にコストカットできるため、仲介手数料無料にすることが可能になります。仲介手数料無料にするには、広告費や経費を節約する必要があるでしょう。仲介手数料無料にすることで物件が売りやすくなりますから、不動産会社はさまざまな企業努力をしています。